2010年05月28日

マル優制度の解説③【派遣法】

マル優制度の解説③【派遣法】

マル優制度の解説の第三弾です。

【認定取得のハードル②】

具体的なイメージとして、私の地元で多い「物の製造」派遣、全国展開できていない、一つの県或いは有力な派遣先の別工場があるためそちらにも派遣している落下傘的展開にとどまっている派遣元事業者における認定取得のハードルを挙げます。

ほんとにこれができるのか?と疑問があるのですが・・・

1. 派遣スタッフの就業を適正に保つための派遣先への働きかけ
 この中で「派遣スタッフに対する安全配慮義務を果たしていること」という文章があります。
 『果たしていること』・・・労災事故が起きれば、まず否定されます。
 労災事故が起きても、安全配慮義務を尽くしていたとするには、非常に困難で、こんなところにもハードルの高さがうかがい知れます。
 そのほかにも「本来派遣先が講ずべき措置を遺漏無く果たしていることを逐次確認すること」という力関係で弱者に当たる派遣元にこのような基準を設けることも、本当にこんなことができるのだろうか?と心配になります。

2. 有給休暇取得や労働・社会保険の適用対象者のもれなく適用
 実務ではこの辺りの相談が多いのです。
 なんとかならないかぁ~って。なんともならないから回答も非常にしづらいのですが、少なくない業者さんはこの基準で諦めるかとなりそうな;;;

3. 認定取得後の問題発生
 これは基準ではありません。
 めでたく認定を取得できたとしても、その後に基準を満たさない事項が公になった場合・・・偽装取得ではないか?との誹りは免れないだろうなぁと想像するのです。
 認定取得だけでもかなりの労力を必要とするのに、悪意が無く生じた何らかの事故を基準を満たさないことに繋げようとする理屈は簡単にできそうで、それに対する労力も想像した場合、取得による経済合理性がある市場なんて本当に存在するのかい?と考えてしまうのです。

3回に分けて、認定取得に否定的な見解を述べましたが、それでもトライしてみましょう!という業者に社会保険労務士がどう支援できるか?を近日中にアップしたいなぁと考えています。
これまでは情報提供が遅れた汚名返上で連日のアップにしてましたが、本来のエントリーペースに戻ることをお許しください^^



同じカテゴリー(・法改正最新情報)の記事

Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 18:33│Comments(0)・法改正最新情報
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。