2016年04月20日

「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が成立しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が成立しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 平成28年3月29日に「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が成立しました。
このうち、雇用保険制度に関する主な改正は以下のとおりです。

【主な改正内容】
(1) 雇用保険料率の引下げ
  平成28年度の失業等給付の雇用保険料率を、労働者負担・事業主負担とも
 1/1000ずつ引き下げます。併せて、雇用保険二事業の保険料率(事業主のみ負
 担)を0.5/1000引き下げます。(一般事業の場合:13.5% → 11.0%)

(2) 65歳以上の方への雇用保険の適用拡大
  平成29年1月1日以降、現行は原則、雇用保険の適用除外となっている65歳
 以上の雇用者についても、雇用保険の適用の対象となります。また、平成32年
 度からは、64歳以上の方についての雇用保険料の徴収が始まります。

(3) 介護休業給付の給付率の引上げ
  介護休業を取得した際に支給される介護休業給付の給付率を、平成28年8月
 1日以降に休業を開始される方については、現行の40%から67%に引き上げま
 す。

 詳細については、今後、厚生労働省ホームページなどでご案内します。



同じカテゴリー(・法改正最新情報)の記事

Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 15:46│Comments(0)・法改正最新情報
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。