2014年05月26日

パートタイム労働法

                  「パートタイム労働法」を改正しました。
 ~差別的取扱い禁止の対象範囲を拡大し、雇入れ時の事業主による説明義務を新設 ~8

  厚生労働省は、パートタイム労働者の公正な待遇を確保し、納得して働くことが
 できるようにするため、「パートタイム労働法」を改正しました。

  <改正のポイント>
 (1)正社員と差別的取扱いが禁止されるパートタイム労働者の対象範囲を拡大
 (2)パートタイム労働者を雇い入れたときの事業主による説明義務を新設
  (施行日は、改正法の公布の日(平成26年4月23日)から起算して1年を越えな
   い範囲内で政令で定める日とされています。)

  パートタイム労働者の雇用管理の改善のために、事業主の皆さまのご協力をお願
 いします。

 【改正パートタイム労働法の概要はこちら】
 http://krs.bz/roumu/c?c=9894&m=35035&v=3b4bf2ce

 【詳しくは、お近くの都道府県労働局雇用均等室へ】
 http://krs.bz/roumu/c?c=9893&m=35035&v=f51b0e66




同じカテゴリー(・法改正最新情報)の記事

Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 17:33│Comments(0)・法改正最新情報
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。