2014年10月21日

育児休業給付金の取扱いが変わりました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       10月1日から育児休業期間中に就業した場合の
        育児休業給付金の取扱いが変わりました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 育児休業給付金はこれまで、支給単位期間中※に11日以上就業した場合は、その
支給単位期間について給付金は支給されませんでした。平成26年10月1日以降の最
初の支給単位期間からは、支給単位期間中に11日以上就業をしても、就業している
と認められる時間が80時間以下の場合は、育児休業給付を支給します。
 また、この取扱いの変更に伴い、平成26年10月1日から「育児休業給付金受給資
格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」と「育児休業給付金支給申請書」
の様式が変更となりました。詳しくは、下記リーフレットをご覧ください。
※「支給単位期間」とは、育児休業を開始した日から起算した1か月ごとの期間
 (その1か月の間に育児休業終了日を含む場合はその育児休業終了日までの期
 間)をいいます。

【リーフレット】
http://krs.bz/roumu/c?c=10457&m=40189&v=db19a7fc

【育児休業給付の詳しい制度内容はこちら】
http://krs.bz/roumu/c?c=10458&m=40189&v=3942c8e3
  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 10:51Comments(0)・法改正最新情報

2014年10月08日

11月に「過重労働解消キャンペーン」/厚労省

  ~11月に「過重労働解消キャンペーン」/厚労省~8

  厚生労働省では、9月30日に設置した「長時間労働削減推進本部」
(本部長:塩崎恭久厚生労働相)の決定を踏まえ、「過重労働解消キャン
ペーン」を11月に実施する。著しい過重労働や悪質な賃金不払残業などの
撲滅に向けた監督指導などの取り組みを予定。11月1日には、「過重労働
解消相談ダイヤル」(無料)を設置、都道府県労働局の担当官が相談に
応じる。電話番号はフリーダイヤル0120-794-713。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000060042.html  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 16:08Comments(0)その他