2014年07月30日

A~D全ランクで2年続けて10円超の答申

  ~A~D全ランクで2年続けて10円超の答申/中央最低賃金審議会~8

  厚生労働省の中央最低賃金審議会は29日、平成26年度の地域別最低賃金
 額の改定目安について答申した。引上げ目安は、Aランクが19円、Bラン
 クが15円、Cランクが14円、Dランクが13円とされ、全国の加重平均では
 16円となった。最低賃金が目安額通りに決定されれば、北海道、宮城、
 東京、兵庫、広島で残されていた生活保護との逆転現象が解消されること
 になる。(JILPT調査・解析部)
 http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/gyousei/20140730.htm  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 18:16Comments(0)その他