2009年10月23日

集中と分散



業種としては斜陽産業であるはずの建設業で、こんな景気にもかかわらず、そこそこ忙しいというお客さんから引き合いが来た。

どうしてこんな時期にそんなに忙しいのか?という私の質問に
1社で25%以上にならないように顧客戦略をたてていた、という趣旨の回答を、素朴な表現でしてくれました。

顧客戦略を分散に採っていたため、今の不況下でも、あっちがだめでもこっち、がいいように回っているということ。

他にも、壊滅状態の製造業にもかかわらず、私の顧問先のS社は、昨日も多くの社員さんが残業してました。
この会社の顧客戦略も「分散」。

さて、質問です!

こんな大不況の時期でも、顧客戦略を分散させていた会社では忙しいという事例を二つ紹介しました。

「分散」が正解なのでしょうか?

じらすために、答えは後で(笑)。
分散のデメリットは、どうしても効率が下がるということ。
商品を送るにも小口になるし、セールスへ行くにもそのためだけの訪問になるし、コスト構造としては高コストにならざるを得ません。
一方で分散のメリットは、A社がだめでもB社やC社がある、他が元気なら・・・と。

それでは、集中のメリットは?
効率を上げられます。商品を送るにも大口で送れますので、一個当たりの運賃はかなり低額にできますし、セールスでもD課とE課とF課のように、一回の訪問でいくつものセクションを回れたり。
デメリットは、メインのユーザーの売上の増減が直接響き、とても不安定な売上構造になるということ。

どちらも一長一短。

どちらがいいということはありません(はずです)。
私が結論づけているのは、バランスが大事、ということ。

顧客戦略も集中でいいときもあれば、今みたいに分散がいいときもあります。
戦略通りに運ばないこともあるし。
ですので、悪いときは結果論で評価せず、「ハズレ」たのだからバランスを変えればいいのです。

なぜダメだったのか?なんて、後ろ向きに頭を使うよりも、「ハズレ」と割り切って前向きに頭を使う方が成功に近道な気がします。
とはいえ、反省も必要ですよ。
ここでもバランスがやっぱり大事b



・・・バランスと相対化は違うということだけは、コメントしておきたい私ですw
  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 18:16Comments(0)その他

2009年10月19日

書類の整理



え~、期限の決まっている仕事が一段落して、次の大きな仕事に取りかかる前に
机の周りの書類を整理しておかないと、書類の日本アルプスが本物のアルプス山脈どころか
ヒマラヤ山脈になってしまうと、本日は机の周りの書類の整理をしよう!と
取りかかったのだが・・・

基本的に( ・_・)σ゙ツンツンで・・・いや、積んである書類を保管しておかなければならない物は
ファイルへ綴じ、処分していいものは裏紙利用かシュレッダー用の箱へ放り込むか、なのだが
書類3部は、職員へ「あなたが管理して」と押しつけ
別の書類3部は自分でファイリングし
書類の間に挟まれていたファイルを二つ、保管場所へ戻しとしている間に
「そうそう、あれを調べておかなくちゃ」を二つこなしたら・・・

(・_・) エ?

山が高くなってますが?
今日も既にこんな時間;;;

いつになったら、平野になるんだろう????  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 17:18Comments(0)

2009年10月14日

専門家を安く利用する



たぶん、ドリームゲートのアドバイザーの中にも、↓こちらの

http://www.smrj.go.jp/utility/link/related/003533.html

中小企業支援センターのアドバイザー登録をされている方も少なくないはず。

かくいう私も、しずおか産業創造機構で専門家登録をしています。

なかなか、利用を促す発想がなかったのですが、専門家派遣制度を利用して貰えれば、格安でアドバイスを受けられます。
しずおか産業創造機構の場合、1回1万円の自己負担。最大5回。
専門家へは3万円が支払われます。5回ご利用なら15万円と、そこそこ嬉しい額。
インキュベートドクターの登録もしているので、創業・起業時のアドバイスも同じように受けられます。

私を指名しろなんて分かりやすい下心で、この投稿をしたのではありません(笑)。

これって、とってもお得じゃん♪
みなさまにお知らせしなければ・・・の思いです^^

で、現在ランキング94位の私。
毎日、ご覧いただけると、ランクが上がるようなのです。
良い情報をくれたな、渥美!とお感じのあなた、
明日も明後日も
「ランキングをもっとみる>>」で90位あたりの「派遣の渥美」をクリックしてくれますと
披露してよかったなぁ~と少し、私もHappyになれます(笑)。  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 18:46Comments(0)その他

2009年10月08日

5割増残業と派遣



行政等での説明会も開催されている、来年4月施行の改正労基法。

人目を惹く改正内容で、月60時間を超える残業時間にかかる割増率が2割5分→5割となるもの。

ところが、中小企業については、ひとまず、3年間の猶予措置が取られています。

中小企業とは、次に該当する会社
小売業では、資本金5000万円を超え、かつ、労働者数が50人を超える場合
サービス業では、資本金5000万円を超え、かつ、労働者数が100人を超える場合
卸売業では、資本金1億円を超え、かつ、労働者数が100人を超える場合
その他の業種では、資本金3億円を超え、かつ、労働者数が300人を超える場合

「かつ」なので、例えば、小売業で労働者数が1000人であっても、資本金が5000万円以下であれば、中小企業に分類されます。
『1000人いても、中小企業なんておかしいじゃない!』の声も聞こえてきそうですが、おかしくてもルールはルール。

そこで問題となりそうなのが、資産要件が引き上げられたばかりの派遣業。

派遣業はサービス業に該当します。このため、資本金が5000万円を超えると、労働者要件を満たさなければ中小企業とならず、そこに許可要件の引き上げがのしかかります。
既存の業者で、更新のために増資を余儀なくされる場合、中小企業の基準を超えてしまう恐れも。

このご時世、60時間を超える残業というのも油断させる要件ですが、注意が必要です。  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 18:55Comments(0)・法改正最新情報

2009年10月06日

介護事業



現在、顧問先の介護事業への異業種進出のお手伝いをしています。

融資を引き出すための金融機関向け事業計画書の作成から、全く介護事業は顧問先にとって未知の業種だけに、事業所候補地の立地診断、事業運営での注意点、もちろん助成金も。社長の役員報酬が高額なので、現実的な利益計画では、なかなか黒字化が難しく(笑)。

少なくとも利用者数の右肩上がりが期待できる業種の上、国があの手この手で参入を支援する態勢もあって、お手伝いする身としてはとても面白い仕事になっています。

調べている中で、介護報酬にはランニングコストは含まれているものの、イニシャルコストは含まれていないという言葉があり、いかに初期費用、設備投資を抑えて開業するかがポイントになりそう。  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 17:41Comments(0)その他

2009年10月03日

派遣元のマル優認定



派遣元のマル優制度を平成22年度以降に制度をスタートさせるため、厚生労働省が認定基準作りに着手しました。
雇用管理、教育訓練、態勢整備などに対する取り組みが優れたものを認定するもののようである。

報道では、この基準は単に法令違反していない程度や通達を満足している程度では認定不可とあり、かなり高い水準の基準が設定されそう。(項目数では30項目程度)

厚生労働省の目論見では、マル優認定事業者は優秀な派遣労働者を確保でき、結果、派遣先の確保という絵図を描いているようであるが・・・

派遣業界では、派遣元だけでなく、派遣先への周知も徹底されることが望まれつつ、ほとんど実現できていない中で、このマル優制度がどれだけ実効力を持つのか、疑問も多い。

とはいえ、このような制度ができれば、やはり派遣業者としては無視できるものでもなく、制度スタート後認定を受けるかどうかはともかく、情報の入手だけは欠かせないのだろうと想像します。

(マル優業者からの派遣を受け入れた派遣先に対する)助成金でも付けば、かなり広まるのだろうと思われるのだが、(派遣先は)優秀な派遣労働者を派遣されることで既に受益しているのに、それに上乗せして助成金なんてとんでもない!、と行政は間違いなく考えるだろうということが想像されて、やっぱり、実効力を伴わない制度が出来ただけ、で終わるのだろうなぁ^^;  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 10:41Comments(0)・法改正最新情報