2009年09月25日

テンプレートを変えてみた

テンプレートをデフォルトから、変えてみました。

オレンジはウチの事務所のテーマカラー?
開業時から、ずっと使い続けています。

社会保険労務士や行政書士のようなサムライ(士)業では、薄いグリーンや水色、クリーム色の封筒が多く、そんなステレオタイプに対抗しつつ、サムライ業っぽいテーストを加えたかったということで、オレンジにしました。

ただ、このテンプレートのようなはっきりしたオレンジではなく、もうちょっと薄い、品のある(笑)オレンジ色でv

●●●こんな色●●●

もう少し黄色を強くしたら ●●●○んこ色●●● になったので、驚きましたw

  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 18:04Comments(0)その他

2009年09月09日

成功する会社になるための・・・①

私の地元では著名な中小企業論が専門の坂本教授が言われていた、成功する会社はこれをやっているという一つの指標。

3Kに売上高の5%を費やしなさい、というもの。

3Kとは、きつい、きたない、危険でなく、かといってバブル期にもてはやされた高身長、高学歴、高収入でもない(笑)。
研究開発費・教育訓練費・広告宣伝費の3つのK

売上高対経常利益率が7%を超えると立派な会社と言われる(らしい)。
研究開発費は、そもそも研究開発型の企業でなければ生じない費用だし、また損益計算書にダイレクトに全額が直結する費用でもないため、一般的には教育訓練費と広告宣伝費で5%をかけることが現実的なのだが、実際にやってみると、かなりきつい。

例えば、自動車業界の系列に三次四次(孫請け・ひ孫請け)と組み込まれているような会社(製造業)の経常利益率は2~3%と言われている。このような会社で3Kに5%をかけたら、一発で赤字会社へ転落してしまう。

私の事務所でも、意識して5%を達成するようなお金の使い方をしているが、毎月の試算表をみるにつけ、「もったいないなぁ~~~;;;」と感じてしまうのは正直なところ。

ただ、一部で回復が見られ始めているとはいえ、なお厳しいこの経済環境下をよそに新規の受託がコンスタントに舞い込む事実を見ると、苦しくても我慢して5%を続けていたことの効果が出ていると、そう信じたい(笑)。
  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 09:44Comments(0)その他