2009年07月31日

成功は・・・

座右の銘なんていうと、それに執着しているようで恥ずかしいので(笑)、好きな言葉のひとつ。

成功は諦めたその瞬間の一歩先にある

誰かがほんとに言ってるのか、分かりませんが、結果が出なくて辛くなったとき、へこみそうになったとき、たまに思い出します(笑)。
臨機応変という言葉もありますが、ころころ変わる人に人はついてきません。
継続は力なりは実感を伴って、頷けます。
「変革」や「Change」も大事なときがありますが、基本的に人は安定を求めるもの。

人のことが分からなければ、ビジネスとして大成しないという考え方の私。
(労務はその最前線で、だからとても面白いんですがね^^)
基本的に安定を人は求めている。だから、「もう、ダメかなぁ~?」って思ったとき、今一度、考えてみませんか?
明日には、成功への道が開けているかもしれないって。

ただ・・・ダメな道をいつまでもずるずると、もNGですけどね(笑)。  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 08:53Comments(0)その他

2009年07月30日

夏休み

製造業が多い静岡県西部地域。

例年、夏休みといえば8月13日~16日を含む1週間+前後に連続する土日という休みの取り方をされる会社が多い。

この時期、何か話を進めるにも、夏休み前で忙しいから夏休みあけにしてくれと緊急のテーマでもない限り、開店休業→夏休みになだれ込み→休みぼけでテンション上がらずという負のスパイラルの端緒の時期なのだが・・・
今年は、「夏休み前で忙しいから夏休みあけにしてくれ」もたまにあるが、どうせ暇だから話を聞いてやろうと話しが比較的スムーズに進む。

昨日、お会いした社長さんから、この不況の時期に不良率がそれまでの4分の1レベルにまで低減させることができたと喜びの言葉を聞けた。なぜ、それが実現したのか、良い成果が出た原因を今は探らせていると。
また、先月は黒字に出来たとも。
この不況でどこも厳しい状況にあるかと思いきや、売上が激減したにもかかわらず、単月では黒字に出来たという話しはこの会社だけではないし、仕事が減ったことで教育訓練をする時間が出来、その結果、教育訓練による受講者の職能アップ以外に先生役の社員のモチベーションをあげる効果もでて、悪いなりに満足しているなんて、嬉しい報告を聞けることも。

本業に専念して、悪いなりに結果を出している会社さんがあり、一方で新しいことを計画されている会社さんもある。
ただ、二言目には
「夏休みあけには、バタバタ逝く(倒産する)んじゃないか?」
が共通している。
4月になれば、(景気は)戻るんじゃないか?GWを明ければ(景気は)戻るんじゃないか?とオオカミ少年に二度騙されているだけに、今度の「夏休みあけには・・・」もオオカミ少年であることを祈るばかりである。

最近は、来年いっぱい(景気は)戻らないという評価がどうも主流になっているようなのだが・・・  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 09:30Comments(0)その他

2009年07月29日

ザワザワしていたオイルショックと静まりかえる今時不況

昨日の続き、オイルショック時の話し。

社会の印象として決定的な違いが、オイルショックの時には社会がザワザワしていたそうなのです。
「今は?」の質問に、し~~~~~~~んと両手を広げて表現してくれました。

オイルショック時は急激に物価が高騰し、すべての値段が3割増になったのだそうです。
現在では、とても想像が出来ません。まぁ、想像が出来ないようなことが起きているってのは、今も同じなんでしょうけどね(笑)。

話を聞いていて感じた、オイルショック時と現在の決定的な違いは、オイルショック時には材料高騰による調達難で供給が著しく不足していたが、現在は供給能力が著しく過多になっているのかなぁと。
材料が入らないから仕事がないというオイルショック時と注文が入らないから仕事がないという現在。
「仕事がない」ということでは共通してますが、オイルショック時の方が将来に光があるような気がしませんか?^^

現実に直面している現在だから、悲観的に感じてしまうのか?

歴史に学べと言われても、この側面は違いすぎて学ぶことがないような・・・
顧問先の社長が言われた言葉で救われます。
「人間はバカだから、すぐ忘れちゃう。懲りた連中も死んでいく。そうすると、それを知らない連中がまた、同じ事をやり出すんだ」
「オイルショックの時も、先が真っ暗だったけど、そのあと何度も好景気が来てるじゃん。バブルも来たし。」

論理的にどうなんだろう?というこの言葉も、歴史は繰り返すという経験則に照らしたとき、とても説得力を感じる。
ただ、ソリューションという意味では、落第だよなぁ~~~~、「時間が解決する」なんて、解決策(笑)。  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 09:24Comments(2)

2009年07月28日

今の大不況とオイルショック

今日、顧問先の社長と話しをしていて、オイルショックの時の話しをして貰えた。

歴史は繰り返すと言うが、今時不況もその繰り返しに過ぎないということ。
5年も経てば、元に戻ると断言された。

波が起これば、それに巻き込まれて沈んでしまうものもあるし、沈みきれずに浮かび上がってくるものもある。
その差を分けるのは運でしかないが、社会に必要とされる存在であれば、多少浮力が強くなると私は信じている。

顧客から、従業員から、その後ろにある社会から必要とされるにはどうしたらよいか?

100年に一度の大不況といっても、100年に一度だから誰も正解を知らず、私の論を信じて残った方がいれば、それでたぶん、正解になるのだろう。

100年に一度の大不況だから、地道に、社会に必要とされる存在の実現に邁進してもいいんじゃない?^^
少なくとも小手先のテクニックを弄するよりも、人生の満足度を確実に上げられそうな、そんな気がします。こんな考え、いかがでしょうか?^^
  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 17:39Comments(0)その他

2009年07月27日

セミナーの準備と衆院選

9月に行われるセミナーの準備で、先日、仲間を前に実際に練習セミナー。

その手前で困っていたのが、衆院選です。

大勢は民主党への政権交代が行われるんだろうとは思うのですが、その結果、どうなるのか?

法律のマクロとしてどうなるかではなく、労働者派遣法の行方がどうなるか?
日雇い派遣禁止を含む労働者派遣法改正案は、民主党が審議入りを拒否していたから前国会で廃案になったようですが、日雇い派遣禁止に反対して審議入りを拒否したのではないようなのです。むしろ、禁止具合が甘いと拒否したような、そんな風に感じてるのですが、そんな民主党が政権を握ったらどうなるのか?

主催者の強い意向もあって、日雇い派遣禁止はテーマから外せない事情があり、とっても困ってます(笑)。

今の民主党の姿勢が野党だから主張できたのでは?政権政党になって、経団連との結びつきが、今もすり寄っているようですが、強くなったらどう変わるのだろう?
正直、国会に上程された法案の話しですら、したくないのが本音なのに、そのはるか前の段階の話しをしなければならないのがとっても苦痛。
とはいえ、セミナー実施日は衆院選の後。早めの準備とはいっても、大変です。

政権交代の負の面をこうして、感じてますw  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 18:13Comments(0)その他

2009年07月03日

派遣業許可 新基準スタート

7月1日からスタートしていたと言えば、そう言えるのですが、実は裏技があり、その裏技も効かなくなるタイミングの今日。

一般労働者派遣業の許可を得るためには、次の基準が変更されています。
1.資産要件
 1.1 基準資産要件

 基準資産とは、簡単に説明しますと、貸借対照表の「資産の総額-負債の総額」が、事業所数×2000万円を超えていなければなりません。6月30日までは事業所数×1000万円であったものが、2倍の金額となりました。

 1.2 現預金要件
 現金及び預金が事業所数×1500万円を超えていなければなりません。6月30日までは事業所数×800万円であったものが、2倍近い金額となりました。

2.派遣元責任者要件
 2.1 派遣元責任者の選任資格
 派遣元責任者に選任できる範囲が、雇用管理3年以上の経験がある者に限定されました。
 これまでは、雇用管理の経験1年以上で、職業経験と合わせて5年以上や派遣労働者としての業務経験と合わせて3年以上という比較的ゆるい要件がありましたが、それらが認められなくなりました。

 2.2 派遣元責任者講習
 この基準改正は許可要件というよりも、許可後の方が影響が大きいかなとも思われますが、これまで5年に一度の派遣元責任者の受講とされていたものが、3年に一度となりました。
 ですので、平成18年9月以前に受講した派遣元責任者講習の受講経験では、許可が下りなくなりました。  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 17:47Comments(0)・法改正最新情報