2009年04月24日

5月8日はチャレンジゲート中部

5月8日にチャレンジゲート中部が開催

第一部は人材採用と助成金
第二部は私の担当で、法人化についてお話しします。
会場でなければ・・・その後の交流会でなければ、聞けない話しが聞けるかも!?(笑)。  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 08:34Comments(1)創業・起業支援

2009年04月03日

雨が降ったら、傘を差す

確か、松下幸之助さんの言葉だったと思う。
経営の極意を聞かれての回答だったように記憶している。

当たり前のことを当たり前にやる。それだけで成功する、と言っている。

起業もどきのことを始めた伯父からどうやったら、上手くいくのか問われて、「当たり前のことを当たり前にやることが大事」と答えたら、気分を害されたようだった。

当たり前のことを当たり前にやる。当たり前じゃん。なにを言ってるんだ、こいつは?という胸の内が見て取れた。

ところが、いろいろな経営者のそばで見ていると、当たり前のことを当たり前にやっていない経営者が多いことに気付く。
なんだかんだ理由を付けて、当たり前でない方法でその障害を乗り越えようとするのだ。
最後は「経営判断」でひとまず説明がつくから、ではやってみようとなるのだが、結果が出たとしても、やっぱり何かしら問題があることが多いのである。

なぜ、クリアしたのに、問題が残るのか?
当たり前の方法でクリアしていないから、ひずみが残る。
ひずみが残ってしまったから、クリアしたはずなのに、問題が残っている。

と、こんなことを繰り返していたら、やっぱり経営にはマイナスなのである。

それを一言で表現しようとすると、「当たり前のことを当たり前にやる。」
松下翁の言葉を借りれば、「雨が降ったら、傘を差す」となるのだが、なかなか理解して貰えない考えなのである。

そういう私も、当たり前のことを当たり前にやっていないから、もう一つ、利益が残らない(笑)。
ただ、利益が残らない代わりにヒトが育っている、と自分を慰めるのだが・・・。
結果が出るまで、もう少し時間をいただきたいと誰に弁明しているのか・・・?w  


Posted by 渥美尚人特定社会保険労務士・行政書士事務所 at 08:32Comments(0)その他